オシャレなインテリア雑貨で窓辺を飾るための情報サイト

>

インテリア雑貨の置き方、レイアウトのポイント

窓全体をコーディネート

インテリア雑貨をせっかく買って置いていくのなら、窓全体をその雑貨に併せてコーディネートしていくと、全体に統一感が出て、インテリア雑貨の魅力が更に引き立っていきます。
具体的に何を考えていけばいいのかと言うと、買ったインテリア雑貨とカーテンの色と同じにしてみる、などです。
ここでポイントとしては、インテリア雑貨がシンプルなモノであれば、その分、カーテンの飾り方はちょっと変わった形にしても、全体が騒々しくならずに、動きがあるのに全体は統一されているという効果を生み出します。
逆にインテリア雑貨が凝ったモノであったり、数を割と多めに置いていくことを考えているのであれば、カーテンや窓自体は控え目の方が良いでしょう。

空間を有効活用

窓辺のスペースに「だけ」インテリア雑貨を置いていくという考えに凝り固まってしまうと、そう広くないスペースがあっという間に雑貨だらけになり、窮屈な印象を与えてしまうだけでなく、掃除がとっても大変になってしまいます。
なので、窓全体の空間を意識してデコレーションしていくという考え方で進めると、窮屈過ぎず、賑やかな窓辺に仕立てることができるでしょう。
具体的には、窓の上部から細いワイヤーや糸、極細のチェーンなどを垂らして、その先に小物を提げてみる、などです。
例えば季節の果物風アクセサリーを飾ってみて、それを季節ごとに換えたりすると、お手軽に季節感を演出できますし、ステンドグラスの小物を提げてみれば、光が反射してキラキラと輝き、窓辺に美しさをもたらしてくれます。