オシャレなインテリア雑貨で窓辺を飾るための情報サイト

>

窓際に置くとおすすめなインテリア雑貨の紹介

まずは家の小物を置いてみよう

まずは、いきなりインテリア雑貨を買い込むのではなく、あなたの自宅に既にある小物を置いてみる事にしましょう。
つまり、ロケーションテストをしてみるということになりますね。
ここで大事なのは、窓枠や出窓スペースの部分の色調に、小物を合わせてみるということ。
それらの色合いやテイストに合った小物を置いていけば、高級なモノを敢えて置かなくても、それなりに統一感が出て、小物にありがちなゴチャゴチャした雑然さを抑える事ができます。
もちろんあなたの好きな色で飾るのも良いですが、好きな色が原色などのくっきりした色なら、それは周囲の色に対するアクセント、一種の差し色として少な目に置いてみるのが良いでしょう。
ハッキリした色合いでも、その程度であれば周囲を邪魔せずに、丁度良い按配となります。

置く小物を選んでいく

さて、どんな雑貨が似合うのかを考えた後は、実際に置いていくもの(つまり、これから買おうとしているもの)を考えていくことにしましょう。
窓辺に飾るものとして最もポピュラーなのは、植物ではないでしょうか。
最近では百均でも、そうしたインテリア用の植物を売っている場合があります(種、鉢、土という要素ごとに陳列されている場合が多いですね)。
ミニサボテンやハエ取り草、花も人気ですね。
他には、ビールや食べ物の空き缶(風のケース)などで揃えるのも良いかもしれません。
インテリアと言うと柔らかなイメージがありがちですが、ちょっとかっちりと、武骨なもので揃えるのもアリです。
本や時計を、敢えてディスプレイのひとつとして飾ってみるのも、喫茶店のような雰囲気が出ておススメです。